カウンセラー・中本早紀からのメッセージ

こころの着地点をさがしリ・スタートしたい方のためのカウンセラー
東京・東神田のサロン、そして千葉県松戸市のおしゃれで清潔なサロン(複数ご用意しております)などを中心にレンタルルームなどで活動しています。
(現在、土、日、月を中心に、そして火曜、水、金曜も週によってご対応させて頂いております。)

心理カウンセラーには守秘義務がございます。どうぞ安心して悩みをお話下さい。

2021年は、あなたにとってどんな一年でしたか。
マスク生活もそろそろ2年、私はいまだに外出の際に玄関ドアを開けてから
マスクをつけ忘れてしまうことがあって、こころのどこかに「そろそろ解放されたい」という思いがあるのかもしれません。

相変わらず先行きがはっきりしない状態が続いています。
去年「アフター・コロナ」ではなく「withコロナ」という言葉が生まれましたが
さてwithコロナの時代とはどんな時代なのか、はっきりとした答えはまだ見つかっていないように思います。

私の中の2021年は、緊急事態宣言と宣言の合間に蔓延防止等重点措置(”重点”という言葉が入るのですね)があって、感染者数がうなぎ上りの中、一年遅れの「TOKYO2020」を始めたくさんのことがあったのにも拘わらず、閑散とした夜の街や宣言が延長されるたびに張り紙が重なっていく飲食店のドア…そんな風景が強く印象として残っています。
いつかこうした風景が「あの時はよくみんなで乗り越えられたね」「本当にみんな頑張った…」と深い感慨をもって振り返ることができる日が来ることを心から祈りたい気持ちでいます。

カウンセラーとしての私の気持ちも少しずつ変化しています。
変化というよりも「固めることができた」もかも知れません。
あるきっかけがあって、ずっと探していた言葉が少しずつ見つかり始めました。

自分軸…この言葉は聞きなれすぎて手垢が付いているように思う方もいらっしゃるかと思います。
「自分はこういう人間である」「自分はこう思う」「こんなとき自分ならこう考え行動する」
シンプルに表現すると、こんな言葉になるでしょうか。
たとえ今は未熟でも「しっかりとした自分」があるとないとでは人生がいろいろと違ってきます。
「自分軸」をうまく作るのが簡単ではない人たちのために私が何をどうすればいいか、最近はこのことをずっと考えています。
理不尽なことをされても我慢するしかなかった…自分を守るために暴力や暴言をただ耐えるしかなかった…それにはきっとその人にとって大切な意味があるはずです。
それを理解し、そして自分を取り戻していく。
そんなセッションの実現を目指していきたいと思っています。

カウンセリングルームプロペラのカウンセラー中本早紀は、あなたがもともと持っている「自分を信じ自分軸を作り自分自身を取り戻す」お手伝いをしていきます。

************************
精神保健福祉士、心理カウンセラー
国際花と緑のセラピー協議会 花セラピストインストラクター
国際アートセラピー色彩心理協会 アート療法士
国際メンタルコーチング協会認定 NLPトレーナー(ニューコード)
国際メンタルコーチング協会認定 メンタルコーチングカードファシリテーター
国際メンタルコーチング協会 臨床エリクソン催眠エキスパートコース修了
************************

家族 長男 再婚した夫
好きな犬種はテリア系
辛口系冷酒がマイブーム
おっかなびっくり入ったコストコにはまりました
日本映画と美術館めぐりが大好き

Instaguram  
Twitter

************************
心理カウンセリングは医療行為ではありません。
現在心療内科、精神科に通院の方は必ず担当医師(主治医)の承諾をお受け下さい。