平成が終わり令和へ

こんにちは。
今年初めての投稿です。気が付けはもう4月の半ばになろうとしています。
新しい元号”令和”が発表されて10日ほど、あと20日くらいで令和元年になることがまだピンと来ていません。

そういえば昭和から平成に変わった時も”ピン”なんて来ていませんでした。
私の頭の中では昭和天皇が崩御されたことは分かっていても
生まれた時から使っていた昭和がふっと去っていき
いきなり「平成だよ」と言われても慣れるのには少し時間がかかったような記憶があります。
あれも一つの”喪失の物語”だったのかも知れません。日常なじんだものを失い戸惑った経験だったのでしょう。

今回は心の準備を作る時間がありますね。
一か月の猶予の後の新しい元号。
なじんだものが離れていき新しいものを受け入れる。
それが個人的に平成のときのような”喪失感”を伴うものかどうか。

そのことに今、興味を持っています。

いろ

基本、心理カウンセラーの私ですが塗り絵を中心にした
アートセラピーセッションも行っています。
色彩については以前から漠然とした興味があって
今から3年ほど前に専門的に学び始めました。
人のこころと色彩の深い関係にとても魅せられています。


人は言葉を覚える前に「お絵描き」を始めると言われています。
ちっちゃな子どもがクレヨンで、画用紙の上だろうがリビングの壁紙だろうが自由に線を引き自分の世界に遊ぶ姿はママとしては絶叫モノだけど
エネルギッシュでのびのびしたものを感じますね。

でも子どもは成長しこの世のルールを覚えていく。
それは大人への階段をのぼる大切なことだけど、一方で自分の感情、気持ちを出しづらくなっていくことも意味します。

私が使う塗り絵はちょっと特別な図柄です。
通っていた色彩学校が人の心象風景を投影しやすい形にまとめた、そんな図柄です。
好きな柄を選んで好きな画材で好きな色を好きなタッチで塗ってみましょう。

集中して塗り絵の世界観に自由に遊びながらたくさんの気付きがもらえるはずです。

まずはその特別な図柄に会いに来て下さい。
「気軽に塗り絵で心を見つめよう」体験 1回(30分前後)4000円

完成した作品からじっくりと今の気持ちを読み解いていきましょう。
塗り絵+カウンセリング   1回 (60分前後) 7000円

年賀状

年の瀬です。
今年もあと数日となりました。
毎年この時期になると本当に「一年って短いな」と思います。
もしかしたら重ねた日々を振り返るから「短い」と思うのかも知れません。
これから先の毎日を思うと、それは時には長く果てしなく感じられたりします。

さて私にとって年の瀬と言えば年賀状、です。
毎回毎回つまずきます。
年賀状ソフトで、つまずきます。年に一度しか使わないからです。

今年はなんということでしょう、プリンターが動かなくなりました。
この3連休のある日のことです。
印刷しようとするとその度に”プリンターはFlashを印刷できません”というメッセージ。
昼食をはさんで数時間、あちこち検索してなんとかしようとしたけれど
普通の文書も印刷できないことが判って、泣く泣く新しいプリンターを買いに。
昭和の頃の1枚1枚手書きで宛名書きしていた頃とは違う疲れを感じています。

以前は私、年賀状を書くのが好きでした。
つい数日まで顔を合わせてた相手に、あらためて年の初めのご挨拶の言葉を綴ることはとてもワクワクすることでした。
それがいつの間にか年賀状ソフトに苦闘しプリンターに泣かされる。
毎年クリスマスの頃にはこんなことばかり繰り返しています。
来年もそうなんだろうか。

高齢の方を中心に”年賀状おさめ”が流行しているようです。
気持ち判るよね…と思いつつ、実は年賀状を貰うのって出すより大好きな私。
“ちゃんと出すから送ってね”と、これからも悪戦苦闘を続けていくのでしょう。

 

はじめまして

 

はじめまして。
カウンセリングルーム・プロペラのカウンセラー、中本早紀です。
このホームページは何とか自分の力で作っています。

といってもたった一人ではありません。
ともに学び、ともに磨きあうカウンセラー、メンタルコーチの仲間と一緒に
教え合いながら励まし合いながら、一歩一歩作ってきました。

私はどちらかというとマイペースを重んじようと思うタイプです。
しかし行動はマイペースではない。
マイペースを重んじつつもマイペースな行動はできず、それを貫く人が羨ましい。
そんな人間でした。

気の置けない人たちとわいわい楽しくやるのは大好きなのに
一方でマイペースな人が羨ましい、というか気になって仕方ない。
昔はその訳が分からなくて、要らないイライラ、ムカつき、
ネガティブな気持ちでいっぱいになったりしていました。

心理カウンセラーになって、そんな自分の気持ちが少しずつ分かってきました。
このホームページでそんなことも含めて、今の気持ち、昔の気持ちを
カウンセラー目線で書いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。